堀先生セミナーを開催 - 2010年5月6日 -

山口大学・堀憲次先生セミナーのお知らせ

今回は少し趣向を変えて、化学合成反応のコンピュータ シミュレーションのご紹介です。
これまでヒトが合成方法を考え試行錯誤の実験を繰り返して 作ってきた薬の候補化合物。山口大学・堀憲次先生はこの ような合成経路探索をコンピュータでシミュレーションすること により効率化する方法を、遷移状態データベース(TSDB)を 用いたCASS(Computer Aided Synthesis)技術により実用化 されました。この方法を用いれば可能性の低い実験を避ける ことによって試行錯誤に要する時間を大幅に短縮することが 可能となります。
ご興味をお持ちの皆様は是非とも御参加下さいますようお願 い致します。

日時 : 2010年 6 月 4 日(金) 15:30 - 17:00
場所 : 臨床研究情報センター 第2研修室
定員 : 50名、参加費無料
申込方法:
下記のいずれかの方法にて、(財)先端医療振興財団まで お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上お申し込みください。 定員になり次第締切と致します。
E-mail:qanda@fbri.org
FAX:078-306-0752


記事ダウンロード[PDF 1.21MB]