QM/MC/FEPによるケトエノール異性化の論文が公開されました - 2012年06月15日 -

当社が開発を進めているQM/MC/FEP法及び、計算ソフトウェアであるPowerMCを用いて計算を行った、 QM/MC/FEPによるケトエノール異性化の論文が公開されました。 QM/MC/FEP法による結果は、溶媒中でのpKを非常に精度良く再現するという結果が得られています。

Result of QM/MC/FEP

Thanayuth Kaweetirawatt, Toru Yamaguchi, Tsutomu Higashiyama, Michinori Sumimoto, Kenji Hori
Theoretical study of keto-enol tautomerism by quantum mechanical calculations (the QM/MC/FEP method)
Journal of Physical Organic Chemistry, in press (2012)